スキップする

”Noroc(乾杯!)”素晴らしきルーマニア、モルドバから美味しいワイン直輸入!

GITANA MAIN PHOTO

GITANA

 ジッタナワイナリーは、1953年に設立され、ダルガー家の所有となった古いワイナリーをベースに、1999年に設立されました。 ダルガー家は、工場の再整備、セラーの改装、樽やオーク桶の設置、そしてもちろん新しいブドウの植え付けなど、大規模な取り組みを行いました。

 ジッタナワイナリーが所有するブドウ畑は、ヴァルル・ルイ・トライアンのブドウ栽培地域に属しており、ワイナリーの総面積は390haにのぼります。ジッタナワイナリーは、地元のブドウ品種の栽培を重視し、常にブドウ畑の拡張を続けています。ジッタナのブドウ畑は、レオバ地区の2つの村にまたがるエリアにあり、3つのエリアに分かれています。ひとつはフィリペニ村、もうひとつはロマノフカ村のエリアです。

 白ワインの醸造工程では、ブドウの除梗と破砕の後、ワイナリーはクリオマセラシオンを使用します。クリオマセラシオン技術により、白ワインの品質に悪影響を与えることなく、ブドウの皮の内側に含まれる風味物質を最大限に抽出することができるようになりました。得られたマストは、10時間から24時間の間、5〜8℃に冷却されます。白ワインの熟成は、ステンレス製の容器または225リットルの樽で行われます。赤ワインの特徴は、マセラシオンとマストの上での発酵プロセスです。発酵は、地元の酵母の力のみで、オーク材の桶の中で行われ、必要なタンニン、アロマや色素を引き継ぎます。

 家族経営で土壌まで知り尽くしているブドウで創られたワインは、「オートグラフシリーズ」や「ポートレートシリーズ」としても人気です。特にオートグラフワインはジッタナワイナリーの中でも最高の土地で創られたワインとして、深く味わい深い特別なシリーズとしてあなたをとりこにすること間違いありません。

閉じる(esc)

Popup

Use this popup to embed a mailing list sign up form. Alternatively use it as a simple call to action with a link to a product or a page.

年齢認証

このストアではお酒を取り扱っているため年齢確認が必要です。

あなたは20歳以上ですか?

検索

カートは空です
今すぐ購入する